電子定款の作り方

        印刷するときは、ここをクリックして全画面表示にしてください。 次へ

平成30年11月30日から、株式会社、一般社団法人、一般財団法人の定款について認証する場合のやり方が少し変わりました。

日本公証人連合会のホームページによると、制度改正の目的を次のように説明しています。

「この改正は、法人の実質的支配者を把握することなどにより、法人の透明性を高め、暴力団員及び国際テロリスト(以下「暴力団員等」という。)による法人の不正使用(マネーロンダリング、テロ資金供与等)を抑止することが国内外から求められていることを踏まえての措置です」

そこで、今回この変更された部分を追加修正し、改めて定款の電子認証の方法を説明したいと思います。

なお、オンライン申請システムでは「申請用総合ソフト」を使って電子定款の送信などをやりますので、まだこのソフトをインストールをしていない方はインストールをしてください。*1

また、実際に電子定款を送信するときは、事前に申請者情報の登録が必要です。まだ登録をしていない方は、登録をしておいてください。*2

では、早速説明を始めましょう。

*1 インストール仕方がわからない方は ここをクリック してください。

*2 登録の仕方がわからない方は ここをクリック してください。


次へ
| メニュー |