調査士報告方式で、分合筆登記

        印刷するときは、ここをクリックして全画面表示にしてください。 次へ

令和元年11月11日から調査士報告方式が始まります(した)。

今回始まる(った)方式を「調査士報告方式」といいますが、一言で言えば、「紙の添付書類も調査報告書も図面も電子ファイルにして、申請書と一緒に送信すると、紙の添付書類は提出しなくていい」というものです。

これまでに飛び交った情報では、表示の登記も権利の登記もどちらも、そのような方式になるだろうということでしたので、各県の土地家屋調査士会や司法書士会では、「資格者代理人方式」の研修会が開かれたところも多いと思います。

とどのつまり、今回表示の登記だけが先行するような格好になりましたが、何故そうなったのかは、調査士報告方式の内容を検討していくとよくわかります。

ここでは、 神奈川県のHさんからいただいた日調連の理事からの情報も含めて、調査士報告方式の内容と実際のやり方を解説をしたいと思います。

では、ゆっくり見ていきましょう。


次へ
| メニュー |