登記識別情報を添付して、所有権移転(贈与)

        印刷するときは、ここをクリックして全画面表示にしてください。 次へ

半ライン申請(特例方式)で、贈与による所有権移転の登記の申請をしてみましょう。

所有権移転の登記は、抵当権設定の登記と並んでよくある登記です。

また、贈与による所有権移転登記は、相続登記と異なり共同申請ですので、他の登記にも充分応用が利く登記です。


今回の申請は、龍馬がお龍とさな子に、土地とその上の建物の共有持分を贈与するというものです。恋人のお龍には、気を引くためのプレゼントとして、さな子には婚約不履行の慰謝料の代わりとして。(もっとも、龍馬が婚約したと認識していたかどうかは不明ですが。)

しかし、この土地建物を巡って、後日血を見るような争いになるかも・・・。(^_^;)


なお、今回贈与する物件は土地1筆と建物1個で、土地は最近合筆したため登記識別情報があり、建物には登記済証があります。物件は熊本です。

当然のことながら、人物構成等全てフィクションです。(^_^)

では、早速やってみましょう。


次へ
| メニュー |