あけましておめでとうございます (2018.1.7)


「当分の間」ということで特例方式が始まったのが平成20年(2008年)1月15日、あと1週間で10周年を迎えようとしています。

その間、東北地方を中心に東日本大震災があり、熊本・大分両県を中心に平成28年熊本地震がありました。

ずいぶん長い「当分の間」です。

今年は、この「当分の間」が終わりそうだという情報が、伝わってきました。いよいよ、半ライン申請ではなく、完全オンライン申請の年を迎るのでしょうか。

しばらくほったらかしにしていたこのホームページも、今年は少しずつ手を入れていくことになりそうです。


というようなことは横に置いといて、昨日やっと阿蘇神社に初詣に出かけてきました。

阿蘇に行くときにいつも通っているグリーンロードは冬の間は閉鎖されていますので、久しぶりにミルクロードを通って阿蘇に入っていきました。

今年初の阿蘇は先日降った雪が残り、いつもどおり雄大な景色で迎えてくれました。


外輪山からの一望

阿蘇神社は、復興に向けて新たな年を迎えていました。


駐車場から見た桜門跡

拝殿跡に備え付けられている賽銭箱に、今年も身銭を切ってお賽銭を投げ入れ、新たな年がいい年であるようにとお参りをしました。


拝殿跡


今年もまだまだ、復興に伴う作業が続きます。

皆さんにとって、すてきな年になりますようお祈りいたします。

このページのトップに戻る


| メニュー |