Windows10のメッセージがせからしか (2016.3.6)


最近、パソコンをいじっていると、頼みもしないのに、「Windows10のご紹介」というメッセージが、毎日出てきます。


最近では、次のメッセージも出てくるようになりました。


勝手に出てくるので、こちらも勝手に窓を閉じれば済むことですが、これが毎日のこととなると、いい加減うんざりしてきます。

「無償アップグレード」ということですので、Windows10 にタダで乗り換えられることは、確かにメリットもあります。というのも、新しいOSですので、サポート期間が延びることを意味しますから。

ちなみに、現在 Windows10 をアマゾンで購入しようとすると、Home 版が16,000円ほど、Professional 版が18,000円ほどするようです。

しかし、Windows7 を常用している私にとって、現在 Windows7 には何の不足もなく、安定して使えるかどうかまだわからない Windows10 にいますぐアップグレードする気もありませんので、このメッセージは煩わしいだけです。

そこで、これらのメッセージを止める手だてはないものか、暇に任せて探してみたところ、ありました。

「Windows10アップグレードチェッカー」というフリーソフトです。

このようなソフトが提供されているところを見ると、同じ悩みを持つ人が多いのでしょう。

そこで今日は、このフリーソフトの紹介をしたいと思います。


1.このソフトを使うとどうなるか

現在、あなたのパソコンのタスクバーには、次のように  のアイコンが表示されていると思います。


このアイコンが、Windows10 にアップグレードを促すメッセージを表示するソフトです。*1

*1 もしこのアイコンが表示されていないなら、Microsoft は、あなたのパソコンが Windows10 にアップグレードできるだけの性能がないと判断しているということです。

で、  のアイコンが表示されているパソコンに、「Windows10アップグレードチェッカー」というフリーソフトを使って設定すると、タスクバーは次のようになります。


このように、 のアイコンが消えてしまい、以後はメッセージが表示されなくなります。

なお、もし後日やっぱり Windows10 にアップグレードしたいと思ったときは、同じくこのソフトを使って設定を元に戻せば、 のアイコンがが再び表示されるようになり、Windows10 にアップグレードすることができます。*2

*2 ただし、今年(平成28年)7月29日で無料のアップグレード期間は終わりますので、無償でWindows10 にしたければ、それまでの間にアップグレードすることが必要です。


2.ダウンロードサイト

「Windows10アップグレードチェッカー」は、次のサイトにアップされています。

電机本舗 Windows10アップグレードチェッカー

このサイトに説明があるように、「Windows10レスキューキット」Free版(無料配布版)というソフトをダウンロードすると、圧縮されたファイルの中に一つのソフトとして同梱されています。

上記のページからアクセスするか、次をクリックしてダウンロードサイトにアクセスし、

電机本舗 Windows10レスキューキット

このページの中にある「Free版をDownload」をクリックして、「Windows10レスキューキット」Free版をダウンロードします。


「Windows10Rescue.zip」というZIPファイルがダウンロードされますのでこれを展開し、出てきたフォルダを2回開いて、「W10アップグレードチェッカ.exe」(パソコンの設定の仕方によっては「W10アップグレードチェッカ」)というソフトを探します。

「W10アップグレードチェッカ.exe」のファイルが見つかったら、ディスクトップにコピペまたは移動しておきます。



3.「Windows10アップグレードチェッカー」の使い方

ディスクトップの「W10アップグレードチェッカ.exe」のアイコンをダブルクリックすると、次の画面が現れます。

一番右側にある「アップグレード抑制」というボタンをクリックすると、


次の画面が現れますので、


[アップグレード抑止]と[タスクトレイの「Windows10を入手する]を表示抑制」の両方にチェックを入れ、


[適用]をクリックします。

[戻る]をクリックすると、


次の画面が出てきますので、[終了]をクリックすれば作業は終わりです。


これで、次にパソコンを起動したときから、あの煩わしいメッセージが出なくなります。


4.Windows10 にアップグレードしたいと思ったとき

もし後日、やっぱり Windows10 にアップグレードしたいと思ったときは、設定を元に戻せば(チェックを外せば)アップグレードできるようになります。

やり方は、設定したときと同じです。

ディスクトップの「W10アップグレードチェッカ.exe」のアイコンをダブルクリックすると、


次の画面が現れます。

一番右側にある「アップグレード抑制」というボタンをクリックすると、


次の画面が現れますので、


[アップグレード抑止]と[タスクトレイの「Windows10を入手する]を表示抑制」の両方のチェックをはずし、


[適用]をクリックします。

[戻る]をクリックすると、


次の画面が出てきますので、[終了]をクリックすれば作業は終わりです。


これで、次にパソコンを起動したときから、あの煩わしいメッセージが再度出てくるようになり、


Windows10 にアップグレードすることができるようになります。

なお、無償でアップグレードできるのは今年(平成28年)7月29日までですので、もしあなたが、 Windows10 へのアップグレードを検討しているなら、期限ぎりぎりではなく、なるべく早く対応された方がいいかもしれません。

 

このページのトップに戻る


| メニュー |