XPばどぎゃんしますか?_ Windows 8 編 (2013.8.11)


Windows 8 を使ってみました。

司法書士の方には、朗報です。

土地家屋調査士の方には、・・・・・。


Windows 8 の最大の欠点−−−これは、 Windows 8 をどういう環境で使うかで変わってくると思いますが、少なくともワタシたちが業務で使う場合の最大の欠点−−−は、何か。

モニターの画面からスタートメニューが無くなったことです。


Windows 8 のパソコンに初めて向かったとき、最初に思うこと。

「スタートメニューのボタンは、どこね?」

やたらと、タイルみたいなものが貼り付けてありますが、メニューはどこにも見あたりません。

仕方がないので、モニターの画面に表示されたタイルを触ってみます。しかし、何も起こりません。

それならと、マウスを使ってタイルをクリックしてみます。そうすると、インストールされているソフトが立ち上がりました。それも、モニターの画面一杯に。

普段でも、ソフトをモニターの画面一杯に表示して使うことはまれですが、 Windows 8 の場合ソフトがモニターの画面一杯に表示されます。

まるでスマートフォンのお化けバージョンです。

これでは、複数のソフトを同時に開いて使うことができずに、不便です。

仕方がないので、パソコンをシャットダウンしようと思います。

・・・と、シャットダウンのメニューが見つかりません。悪戦苦闘の末、どうしようもなくなって、電源ボタンを長押しでシャットダウンしてしまいます。

シャットダウンのたびに電源ボタンの長押しじゃ、パソコンのハード部分がまずぶっ壊れるんじゃないかな・・・と、正直思います。(後でわかったことですが、画面の右上か右下にカーソルを持って行けば、シャットダウンのメニューが出てきます。しかし、かなりの精度を要求される操作ですので、正直面倒です。)


なぜ Windows 8 の評判がよくないか。

たぶん、 Windows 8 を初めて使ったほとんどの人が、前述のような経験をするからに違いありません。

とくに、マニュアルを読まなくても操作することができた今までのパソコンを、ず〜っと前から使ってきたヘビーユーザーほど、 Windows 8 に違和感と絶望感を感じるのではないでしょうか。

パソコンにはスタートメニューがあって、パソコンの中身を調べるにしても、各種の設定をするにしても、はたまたソフトを起動するにしても、とにかくメニューからスタートするのがパソコンである・・・と、そう思ってきたでしょうし、ワタシもそう思ってきました。

結果、 Windows 8 はどうしようもない欠陥OSだという評判が一人歩きしたと思われます。


こんな評判の悪い Windows 8 ですが、世の中捨てる神あれば拾う神ありで、 Windows 8 にも強い味方が現れました。

スタートメニューがなくて使いづらいなら、メニューを作ればいい。

Windows 8 にメニューを付けるソフトが出てきたのです。それも、ありがたいことに、フリーソフトで複数。

そこで、 次の2つのフリーソフトを試しに使ってみました。

Classic Shell

Start Menu 8

結果、なんと Windows 8 のパソコンに Windows 7 のパソコンと同じようなスタートメニューが表示され、 Windows 8 を、今までの Windows XP や Windows 7 のパソコンのように、簡単に操作できるようになりました。

レトロなタイルの画面もスキップして起動できます。

メニューソフトのインストール方法などについてはいずれご紹介するとして、これらのメニューソフトをインストールすることで、 Windows 8 がとても身近なOSに早変わりです。

申請用総合ソフトも Windows 8 に対応しましたし、これらのメニューソフトのおかげで、 Windows XP からの乗り換えとして、ワタシは司法書士の方に、躊躇せずに Windows 8 をお奨めできるようになりました。


なお、日調連のホームページを見ますと、日調連提供のオンライン申請に関するソフトは、相変わらず Windows 8 に対応していませんので、 Windows 8 が使いやすくなったといっても、土地家屋調査士の方にとってはあまり関係ない話しもしれません。

しかし、ワタシが今回試してみたところ、日調連提供のほとんどのソフト(ICカードドライバ、ICカード検証ツール、SignedPDF、XML署名ツール)が Windows 8 でも動きました。(使用機種は、ヒューレットパッカード製のノートパソコン。ただし、「らくらく」は正常に動きませんので、全部手入力が必要です。)

ですから、土地家屋調査士の方も、自己責任で使われる分には Windows 8 はお奨めかもしれません。

ただし、前述の通り、日調連はこれらのソフトについて Windows 8 での動作を保証していませんので、ソフトが動かないと言って日調連に文句を言ってはいけません。


教訓

他人の評価は鵜呑みにしない。


蛇足

Classic Shell を Windows 7 にインストールすると、 Windows 7 のスタートメニューが Windows XP 風に変わります。 Windows XP に比べ Windows 7 のスタートメニューが使いにくくなったと感じている方は試してみてください。

このページのトップに戻る


| メニュー |