9.その他のソフトのインストール

前へ 次へ

以上が、申請用総合ソフトを使用するための最低限の設定です。

実際に使用するためには、データを守るために、データフォルダを変更したり、バックアップファイルを作ったりしなければなりませんが、これらのことについては「データのバックアップ 」で説明をしていますので、そちらの方を見てください。

ここでは最後に、ダウンロードサイトにある申請用総合ソフト以外のソフトについて、説明をしておきましょう。


申請用総合ソフトをダウンロードしたサイトを改めて見てみると、これまでにダウンロードした実用版申請用総合ソフト以外にも、いくつかのソフトがダウンロードできるようになっています。

これらのソフトは、ダウンロードをする必要があるのでしょうか。

1つずつ見ていきましょう。

このページのトップに戻る

1.登記識別情報表示ツール


これは、旧オンライン申請システムで、登記識別情報を電子ファイルで取得している場合に必要なソフトです。

ワタシのように、登記識別情報をすべて紙で受領してる方は、このソフトをインストールする必要ありません

電子ファイルの登記識別情報は、暗号化されて保護されていますが、新オンライン申請システムでは、より強固な暗号化がなされるため、旧オンライン申請システムで暗号化された登記識別情報をそのままにしておくと、新オンライン申請システムでは読めなくなってしまうそうです。

手引書の説明文を次に引用しておきます。

−−−−− 申請者操作手引書(登記識別情報表示ツール編)から引用始め −−−−−

「登記識別情報表示ツール」は,従前のオンライン申請システムから取得した登記識別情報を一旦復号し,よりセキュリティの高い暗号化方式により,再度暗号化して保存するとともに,登記識別情報通知(PDFファイル)に,これを復号した登記識別情報を取り込んで表示・印刷する機能を提供します。
従来のオンライン申請システムから取得した登記識別情報は,速やかに再暗号化を 行ってください。

−−−−− 申請者操作手引書(登記識別情報表示ツール編)から引用終わり −−−−

電子ファイルの登記識別情報をダウンロードしている方は、このソフトをダウンロードしてインストールしてください。

また、詳しい説明は、操作手引書を読んでください。

このページのトップに戻る

2.PDF署名プラグイン


これは、公的個人認証ICカード(住基カード)を使ってPDF文書に電子署名をするためのソフトです。

また、司法書士や行政書士がファイルタイプの電子証明書を使ってPDF文書に電子署名をするときにも、このソフトが利用できます。

ただし、「リーガル電子認証キットPRO(Ver3)」などベンダーのソフトを使ってPDFファイルに電子署名をする場合は、インストールは不要です。

なお、調査士ICカードだけを利用している方は、このソフトをインストールする必要ありません


3.体験版申請用総合ソフト


これは、初めて申請用総合ソフトを使用する方のための練習用ソフトです。

なお、インストールのやり方は、最後の「付録」で説明をしています。

このページのトップに戻る

4.操作手引書のダウンロードについて

ダウンロードサイトには、各種ソフトの操作手引書がアップされています。

必要に応じてダウンロードをしてください。

このページのトップに戻る


前へ 次へ
| メニュー |