2..NET Frameworkの有効化について

前へ 次へ

Windows Vista , Windows 7 を使っている方は、ここでの作業は必要ありません。 ここを飛ばして、次の「3.「信頼済みサイト」へ登録」へ進んでください。


申請用総合ソフトを利用する際に、唯一必要なソフトがあります。

「.NET Framework(ドットネットフレームワーク)3.0」、または「.NET Framework(ドットネットフレームワーク)3.5 SP1」というソフトです。

ただし、このソフトは Windows Vista , Windows 7 には最初からインストールされ、利用可能は状態になっていますので、改めてインストールする必要がありません。


Windows 8 の場合

Windows 8 でも最初からインストールされていますが、初期設定では機能が無効になっています。

ですから、このソフトを必要とするアプリケーションソフトがインストールされるときに自動的にインストールされるか、またはインストールを促すメッセージが出るそうです。

それで、Windows 8 の場合も、申請用総合ソフトをインストールすることで、有効になりますので、改めてこのソフトをインストールする必要はありません

ただし、もし運悪く機能が有効にならなかった場合には、ここに戻り、次のサイトを参考にして、機能を有効にしてください。

Windows 8 または 8.1 への .NET Framework 3.5 のインストール

このページのトップに戻る


前へ 次へ
| メニュー |