前の作業へ

次の作業へ


JREの自動バージョンアップ機能の解除

ここでの作業は、ソフトのインストールではありません。

「Java コントロールパネル」というところを開けて作業をします。

解説のとおりやれば、簡単な作業です。


次の画面をクリックすると、これと同じ画面が出ますので(ただし、Windows XP のみ)*1、[開く]をクリック。*2,*3


*1 もし出ないときは、 [スタート]→[コントロールパネル]→[コントロールパネルのその他のオプション]→[Java] の順にクリックしてください。
*2 Vista では、 [スタート]→[コントロールパネル]→[その他のオプション]→[Java] の順にクリックしてください。
*3 7 では、 [スタート]→[コントロールパネル] の順にクリックし、画面右上の表示方法を[カテゴリ(C)]に切り替えて(たぶん)、[その他のオプション]→[Java] の順にクリックしてください。

@ JREの自動バージョンアップ機能の解除

次の画面が出てきますので、[アップデート]をクリック。


「アップデート」の画面が出ますので、[アップデートを自動的にチェック]をクリックします。

次の警告画面が出ますので、[確認しない]をクリック。


チェックマークが無くなったことを確認して、[適用]をクリック。


[適用]のボタンが薄くなったら、JREの自動バージョンアップ機能の解除は完了です。

[了解]をクリックして、画面を閉じます。


前の作業へ

次の作業へ