前の作業へ

次の作業へ


JREのキーストアへの証明書の登録

ここでの作業は、ソフトのインストールではありません。

自己解凍ファイルをダウンロードして、作業を進めます。

ファイルの解凍や、コマンドプロンプトという真っ黒な画面での作業があり、慣れないと少し戸惑いますが、解説のとおり進めば簡単な作業です。

なお、ここだけは初期動作で[保存]をクリックしますので、注意してください。


次の画面をクリックしてください。


警告画面が出ることがありますので(下の画面はXPの場合)、[はい]をクリック。


警告画面が出ますので、[保存]をクリック(下の画面はXPの場合)。


保存先を聞いてきますので、「ディスクトップ」をクリックして、


[保存]をクリック。

このページのトップに戻る

ダウンロードが終わったら、[閉じる]をクリック。


ディスクトップに次のアイコンができています。

これをダブルクリックすると、


次の警告画面が出ますので、[実行]をクリック(下の画面はXPの場合)。(この画面が出ないこともあります。)


次の画面が出てきますので、[展開]をクリック。


ディスクトップに「setca」というフォルダができます。

これをダブルクリックすると、


中にあるファイルが表示されますので、

この中の「 setca_1.6.0_##.bat」(又は、「setca_1.6.0_##」)をダブルクリックします。*1(##の数字はJavaのバージョンによって異なります。)


*1 Vista と 7 は、 [右クリック]→[管理者として実行]をクリック。

すると、次の画面が出ますので、*2

*2 Vista と 7 は、この画面の前に「ユーザーアカウント制御」画面が出ますので、 Vista は、[続行]をクリック、 7 は、[はい]をクリックします。


キーボードから 「 yes 」 と打ち込み、[ Enter キー ]を押します。


そうすると次の表示が出て、この作業は終了です。

[ Enter キー ]押すと、画面が消えます。

エクスプローラ画面を閉じて、


ディスクトップにできた「setca.exe」と「setca」というフォルダのアイコンの上で右クリックをして、それぞれ削除します。


前の作業へ

次の作業へ