前へ 目  次 次へ

9−1.登記申請書作成支援ソフトのインストール (2008.7.19更新


基礎作成編も、最後の回となりました。

今回は、オンライン申請の際に送信する申請書を作成するためのソフトウエアをインストールします。

もしオンラインによる乙号申請や登記申請をしない方、或いは、ソフトメーカーが提供するオンライン申請対応の登記申請書作成ソフトを利用する方は、このソフトウエアのインストールは必要ありません。 ここをクリック して、実践準備編へ進んでください。


■□ 登記申請書作成支援ソフトのインストール

では、登記申請書作成支援ソフトをインストールしましょう。

次のURLをクリックしてください。

http://shinsei.moj.go.jp/usage/zyunbi.html

事前準備」の画面の「2.申請準備」を表示させます。

その中の、1番目の項目「不動産・商業登記関係手続及び概要記録事項証明書の送付請求(動産・債権譲渡登記関係)の申請を行う場合は、 こちら をご参照ください」の「こちら」をクリック。

「事前準備」の画面


登記申請書作成支援ソフトウエアのインストール」の画面が出ますので、「 」をクリック。

「登記申請書作成支援ソフトウエアのインストール」の画面


次の画面が出ますので、[実行]をクリックすると、


ダウンロードが始まります。


ダウンロードが終わると次の画面が出ますので、[実行する]をクリックします。

ソフトウエア使用許諾」の画面が出ますので、このソフトを使いたければ[同意する]をクリックします。


インストール先のフォルダを確認して、[インストール]をクリック。


インストールが始まります。


インストールの完了」の画面になったら、[閉じる]をクリックするとインストールは完了です。


この講座以外の画面を閉じてください。


■■ ショートカットのアイコンの作成

登記申請書作成支援ソフトを使いやすくするために、デスクトップにショートカットのアイコンを作りましょう。

次のように作業をしてください。

  をクリック → [すべてのプログラム] → [申請書作成支援ソフト] → [申請書作成支援ソフト] の順に選択して、クリック


(この画面はパソコンによって異なります。)


メニューが現れますので、[送る]を選び、[デスクトップ(ショートカットを作成)]を選んでクリック。


(この画面はパソコンによって異なります。)


これで、デスクトップにショートカットのアイコンができました。

登記申請書作成支援ソフトのショートカット



9−2.必ずバージョンアップをしよう <重要>

■□  何故 <重要> ?

登記申請書作成支援ソフトをインストールしたら、必ずバージョンアップをしましょう。

登記申請書作成支援ソフトは常にバージョンアップ(正確には、アップデート。)されています。

バージョンアップせずに申請書を作成すると、オンライン申請システムにログインしても、次のような画面が出て申請書を読み込むことができず、再度申請書を作り直さなければならない羽目になります。

様式のバージョンチェック


また、インストールしたときだけではなく、実際に申請書を作成する前には必ず新しいバージョンがないか調べる習慣を付けましょう

なお、ファイアーウォール機能が作動しているとバージョンアップがうまくできないことがあります。

そのときは、ファイアーウォール機能の設定を変えて、申請書作成支援ソフトが外部にアクセスできるようにして下さい。やり方は、あなたのパソコンにインストールされているセキュリティソフトのヘルプを見るか、そのソフトに詳しい人に聞いてください。 

■■ バージョンアップのやり方

では、バージョンアップをしましょう。

先ほど作ったアイコンをダブルクリックします。

登記申請書作成支援ソフトのショートカット


デスクトップの左上に「登記申請書作成」画面が現れますので、


「不動産登記申請書」の場合は、下記画面の [バージョン情報]というタグをクリック。


「商業登記申請書」の場合は、下記画面の [バージョン情報]というタグをクリックすると、

「処理状況」が出て、新しいバージョンがないか調べます。

処理中


新しいバージョンがリリースされていると、次のような画面が出ますので、「ダウンロード」の一つをクリック。

新バージョンのダウンロード


新しいバージョンを読み込みます。終わったら他の「ダウンロード」をクリック。

新バージョンのダウンロード


新しいバージョンを読み込みます。

ダウンロード中


全てを読み込んだら、[閉じる]をクリックして終了です。

ダウンロードの完了


さあ、これでいつでも申請書を作ることができるようになりました。

申請書の作り方の具体的な例は、 ここをクリック してみてください。

この講座以外の画面を閉じてください。

この講座の画面は、右半分のままにしておいてください。


以上で、基礎作成編は終了です。

たいへんお疲れ様でした。

もう、オンライン申請は目の前です。

というのも、次の実践準備編第1回でユーザ登録をすると、オンライン申請システムを使って証明書や地図を請求すること(オンライン乙号申請)ができるようになります。

これらの請求には、電子証明書やICカードリーダライタは必要ありませんし、オンライン登記申請の練習にもなりますので、是非やってみてください。

では、ワクワクして、実践準備編に入りましょう。


【更新履歴】

2008.07.19 Ver4に対応させました。


前へ 目  次 次へ
| Home |