前へ 目  次 次へ

5−1.調査士ICカードのチェックと受領書の返送2008.4.4更新


ここでは、取得した調査士ICカードのチェック方法を説明します。

司法書士ICカードのチェック方法については、 ここをクリック して、第6回を見てください。


■□ 調査士ICカードを取得した日

1.調査士ICカードの取得

ある日、日調連特定認証局から「本人限定受取郵便の到着のお知らせ」という郵便物が届きます。初めてこの手の郵便をもらうと、ちょっとびっくりします。

指定された郵便局に、この郵便物と運転免許証(又はパスポートや写真付きの住基カード)と印鑑をもって行くと、調査士ICカードの入った封筒を渡してくれます。


2.受け取った書類のチェック

帰宅して、早速封筒をあけてみます。中には、ICカードの他に次のものが入っています。

  1. 「オンライン登記申請を実施するまでの準備について」という書面
  2. 「重要書類在中」という書面
  3. 「日本土地家屋調査士会連合会特定認証局電子証明書受領書」
  4. 返信用封筒

受け取った書類


2の「重要書類在中」という書面には、PINコード(パスワード)が記載されています。

「重要書類在中」という書面     PINコード(パスワード)


3 の「日本土地家屋調査士会連合会特定認証局電子証明書受領書」は、要するに受領書です。ICカードの中身を確かめたあと、4 の返信用封筒に入れて返送します。

日本土地家屋調査士会連合会特定認証局電子証明書受領書


3.調査士ICカードのチェック

受領後、以下で説明するやり方で調査士ICカードのチェックをし、ICカードが正常に使えることを確認して、早めに受領書を返送しましょう。

発送後30日以内に受領書の返送をしないと、ICカードは失効してしまいます。失効したら再発行を申請しなければなりませんし、有料です。

■■ 調査士ICカードのチェック方法

次のようにして、調査士ICカードの中身をチェックします。

ICカードリーダライタをパソコンに接続して、調査士ICカードをセットします。

次に、ディスクトップにある前回インストールした 「ICカードチェックツール」をクリックして起動します。

ICカードチェックツール


「重要書類在中」という書面に記載されたPINコード(ICカードのPIN番号)を入力して、[チェック]をクリックすると、

PINコードを入力


次のような画面が出ます。

「発行先」があなたの氏名に間違いないことと、「発行者」が「Rengokai CA」であることをチェックします。

なお、「情報不足のため、この証明書を検証できません。」と表示されていますが、ひとまずここは無視しておきましょう。(^_^;)

次に、「詳細」タブをクリックし、

証明書

「表示」が「すべて」になっている状態で、「発行者」をクリックして内容を確認します。

発行者


「土地家屋調査士」を、英語では「Land-and-house Investigator」というんですね。マンマです。(-_-)

さらに「有効期間の終了」「サブジェクト」「サブジェクトの別名」及び「発行者の別名 」をそれぞれ選んでクリックし、下の窓に現れた内容が間違いないかどうかチェックします。

有効期間の終了  サブジェクト

サブジェクトの別名  発行者の別名


全てが間違いないことを確認できれば、電子証明書のチェックは終わりです。

早速受領書を返送しましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ICカードが壊れているとき

PINコードを入力して、[チェック]をクリックしたとき、証明書が開かずに、

エラー
ICカードR/WおよびICカードを正しく挿入してください

というメッセージが出た時は、まずICカードがチャンとセットされているかを確認してください。

間違いなくセットされていてもこのメッセージが出るときは、ICカードが壊れています。

すぐに日調連認証局に連絡をして、対応してもらってください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この講座の画面以外を閉じてください。



5−2.日調連の自己署名証明書のインストール <重要>


■□□ また出た<重要>

さきほど表示された「情報不足のため、この証明書を検証できません。」という文字は、「送られてきた調査士ICカードは、本物かどうかわかりませんよ。」というメッセージです。

世の中自己責任の時代ですから、このまま放っておいてもいいんですが、少なくともプロが使うのですから、この文字が出なくなるようにしておきましょう。

しかし、このことについて、添付された書類に何も触れられていないのはどういうことなんでしょうね。これまでの対応を見ていると、どうも日調連はセキュリティの問題にあまり注意を払っていないような気がしてなりません。こんなことでいいのかなぁ。(^_^;)

次の方法で、日調連特定認証局の自己署名証明書をインストールすると、この文字は出なくなります。

■■□ フィンガープリントの取得

まずは、日調連特定認証局の自己署名証明書のフィンガープリントを取得します。

ここをクリック して、日調連特定認証局のホームペーへアクセスしてください。

「証明書情報」をクリックすると、

日調連特定認証局のホームペーへアクセス


日調連特定認証局のリポジトリ画面になります。

リポジトリ画面


ここに、日調連特定認証局の自己署名証明書のフィンガープリントが記載されています。次のとおりです。

  25 3b d5 5d ef a2 2f 4e 43 90 6a c2 21 91 ed 3f 00 a2 be 79


■■■ 自己署名証明書のインストール

引き続き、自己署名証明書をインストールします。

フィンガープリントの上の方の「自己署名証明書」をクリック。

「自己署名証明書」をクリック


次の画面が出ますので、「開く」をクリック。

「セキュリティの警告」画面


日調連特定認証局の自己署名証明書が表示されます。「証明書のインストール」をクリックし、

日調連特定認証局の自己署名証明書

「次へ」をクリック。

ウィザードの開始


さらに「次へ」をクリック。

証明書ストア


最後に「完了」をクリックすると、

ウィザードの完了

次の画面が現れます。

ここで、先ほど見た日調連特定認証局のフィンガープリントと比較して、同じであることを確認します。(大文字小文字は関係ありません。)

  25 3b d5 5d ef a2 2f 4e 43 90 6a c2 21 91 ed 3f 00 a2 be 79

確認が済んだら、「はい」をクリック。

「セキュリティ警告」画面


これで、自己署名証明書のインストールは終了です。

[OK]をクリックして終了します。

インストールは終了

この講座以外の画面を閉じましょう

では、先ほどのICカードの表示がどう変わったかを見てみましょう。

調査士ICカードをセットして、ディスクトップにある「ICカードチェックツール」のアイコンをクリックします。

「ICカードチェックツール」画面にPINコードを再度入力して、[チェック]をクリックすると、

ICカードチェックツール


こんどは「情報不足のため、この証明書を検証できません。」という文字が消えて、何やらまともなことが表示されています。

証明書


これで、一安心ですね。

これからは、調査士ICカードをバンバン使いましょう。電子証明書は何十回使ってもタダですから。

ICカードリーダライタをパソコンからはずしてください。はずし方を忘れた方は、 ここをクリック

この講座の画面以外の画面を閉じて下さい。

この講座の画面は、右半分のままにしておいてください。


次は、司法書士ICカードライブラリのインストールの説明です。

司法書士ICカードを使わない方は、 ここをクリック して、第7回へ飛んでください。


【更新履歴】

2008.04.04  ICカードをチェックする際、ICカードが壊れているときのメッセージを追加しました。


前へ 目  次 次へ
| Home |