4.XML署名ツールのインストールのやり方

前へ 次へ

図面の電子化のやり方がわかったところで、一応念のため「XML署名ツール」のインストールのやり方を説明しておきましょう。

BBCの「全自動オンラインシステム」や日調連の「らくらく」を使って、すでにインストールが済んでいる方は、ここを飛ばしてください。


1.インストールのやり方

「XML署名ツール」は日調連のホームページの会員の広場にアップされていますので、ここからダウンロードしてインストールできます

日調連にユーザー登録をしている方は、 ここをクリック して日調連のホームページの会員の広場へ入ってください。*1

*1 会員の広場に入るには、日調連へユーザー登録が必要です。まだ登録をしていない方は、先に登録を済ませてください。日調連のユーザー登録については、 ここをクリック してください。

会員の広場に入ったら、[オンライン申請関係]をクリックし、


「オンライン申請関係」の画面になったら、

このページのトップに戻る

画面を少し下げて、[オンライン申請関連ツール、及びXML土地所在図等作成ソフト
]をクリックします。


「オンライン申請関連ツール」の画面になったら、

このページのトップに戻る

画面を下ろし、


[XML署名ツールのインストーラー]をクリックします。

このページのトップに戻る

次の画面が出ますので、「実行」をクリック。


次に、「実行する」をクリック。

このページのトップに戻る

「XMLインストーラセットアップウィザードへようこそ」という画面が出てきますので、[次へ]をクリック。


[次へ]をクリック。


[次へ]をクリック。

このページのトップに戻る

インストールが始まり、


しばらくすると完了の画面が出てきて終了です。[閉じる]をクリック。


ディスクトップに次のアイコンができています。

このページのトップに戻る


2.Windows XP での不具合について

XML署名ツールをインストールして署名を実行すると、次のようなエラーメッセージが出て、署名ができないことがあります。*2



*2 日調連が提供しているSignedPDFをインストールしていると、この現象は起きないそうです。

これは、XML署名ツールがインストールされたフォルダに、「CertVeri.dll」と「CertVUtl.dll」という2つのファイルがインストールされていないためです。

原因は、XML署名ツールをインストールする際に、ウイルス感知ソフトが邪魔をするためで、ウイルス感知ソフトを無効にしてXML署名ツールを再度インストールすると直ります。

もし、それでも直らないようでしたら、 ここをクリック してこの2つのファイルをダウンロードし、解凍してから次のフォルダにコピーしてみてください。

    「C:\Program Files\XmlSign」

もっとも、パソコンにあまり慣れていない方には難しい作業になりますので、詳しい方にしてもらった方がいいでしょう。

このページのトップに戻る


前へ 次へ
| メニュー |