前のページに戻る 最初へ戻る

事前準備(代理人の事務所等の入力方法)

申請書を作成する度に、代理人の事務所や氏名などを入力するのは面倒です。

折角ひな型を利用するのですから、この申請書書式を使用する前にひと作業して、予め代理人の事務所、氏名と電話番号を入力しておきましょう。

方法は次の通りです。

1.申請書書式の選択

申請書作成支援ソフトを立ち上げて、[更新]ボタンをクリックします。


「更新フォルダ指定」という画面が出ますので、目的の申請書式のフォルダを指定します。

なお、ここの例では、解凍した書式集のフォルダを、「1不動産登記data」フォルダに移動しています。

[ディスクトップ]をクリック

このページのトップに戻る

[ 1不動産登記data ]をクリック。


[sinseisho_hyouji](又は[sinseisho_kenri])をクリック。


何度かクリックして、目的の書式を探し、

このページのトップに戻る

[開く]をクリックすると、

このページのトップに戻る

「登記申請書編集画面」が立ち上がります。


(表示の登記の例)


(権利の登記の例)


画面を下げて、代理人の欄を探し、


(表示の登記の例)


(権利の登記の例)


あなたの事務所、氏名と電話番号を入力します。


(表示の登記の例)


(権利の登記の例)

このページのトップに戻る

入力が終わったら、[終了]をクリックすると、


(表示の登記の例)


(権利の登記の例)


保存するか聞いてきますので、[はい]をクリックして、申請書を保存します。


必ず次の画面が出ますので、気にせずに[了解]をクリック。


元の画面に戻りますので、再度[終了]をクリックします。


(表示の登記の例)


(権利の登記の例)


再び保存するか聞いてきますので、今度は[いいえ]をクリックします。


メニュー画面に戻って、作業は終わりです。


この作業を、利用する全ての書式で行っておきます。

次回からは、あなたの事務所と氏名を入力する必要がなくなります。


(表示の登記の例)


(権利の登記の例)

このページのトップに戻る

前のページに戻る 最初へ戻る
| Home |